地元で評判のクレジットカード現金化

地元で評判のクレジットカード現金化は、いくつものクレジットカード現金化がある中からどれを選べば正解なのかお困りの方のための選択方法のカギを載せているというわけです。あなた自身に適切なクレジットカード現金化がしっかり見つけられます。 - クレジットカードの現金化手数料は利息制限法違反に該当するかも…?

想定外のクレジットカード現金化|クレジットカードの現金化の手数料と利点について

クレジットカードの現金化手数料は利息制限法違反に該当するかも…?

カードローンのように金融機関または消費者金融、そして保証期間の審査を受けずに現金を借り入れする方法としてクレジットカード現金化が有名となったことに対し、既に5~6年の期間が経過しています。その期間の中で現金化業者が摘発されることや利用者が債務整理をした際に免責不可事由に該当するといったケースがあります。しかし、問題はそれ以外に存在します。

クレジットカードの現金化手数料!何か気になりませんか?

クレジットカード現金化業者は、高換金率を謳い営業を行っています。特に換金率98%といった掲載が多いものの、これはあくまで高額な換金を行う場合であり、10万円と100万円の換金では、業者側が得る手数料は大きく異なります。そのため、基本的には低額の現金化であれば一般的に88%の換金率となってしまいます。この時点で勘の良い人なら気付きますが、1回の手数料で12%は異常なものです。そもそも、貸金業の場合、利息制限法により年利20%以下となっています。つまり、単月での手数料12%は年利240%に相当するものとなります。結果的には、大幅な利息制限オーバーとなります。

どんな法律が適用されるの?気付いたらゾッとする

さて、実質年利が約240%というのは、あくまで1回の利用当たりに掛かる手数料です。しかし、利用者に掛かる金利はこれだけではありません。特に高額な商品を購入した場合、分割払いまたはリボルビング払いを利用します。分割払いの場合はある程度の手数料で済みますが、リボルビング払いの場合は金利が発生します。一般的には年利14~15%が発生するため、クレジットカードの現金化により利用者が支払う金利は非常に大きなものとなります。特に高額な現金化を行った場合、リボルビング払いを利用する場合が多く、高い年利が適用されることとなります。また、現金化を複数回利用した場合、都度年利240%といった手数料が発生してしまい、生活を圧迫する可能性があり得ます。

クレジットカードの現金化については、一見手数料は消費者金融のカードローンに比べ低く見えるものの、実質的には非常に高い金利に該当するものとなります。警視庁や弁護士会において『実質的には貸金業に該当する』と明言しているため、手数料が金利と認識された場合は悪質なものと判断されます。

クレジットカード現金化の問題は近年どのような状況にあるのか?

クレジットカード現金化は、クレジットカードのショッピング枠を利用し、高額商品や金券などを購入した上で業者へ送付後、現金が自分自身の銀行口座へ振り込まれるといったものです。特に貸金業法によりカードローンの契約が厳しくなった現在において、手軽に現金を確保出来る方法として一時期は多数の業者が営業を行っていました。

近年のクレジットカード現金化業者について

クレジットカード現金化行為については、2011年度がピークとなっており、年々国民生活センターへの被害届は減少傾向にあります。2011年度は616件、2012年度は440件、2013年度は370件、2014年度は233件、そして2015年度は115件と被害届の減少が顕著になっています。しかし、実際のところはこれらの問題は氷山の一角であり、泣き寝入りや周囲に知られたくないといったことから隠れている事象もあります。しかし、実態としては悪質な業者は淘汰される傾向にあり、比較的の良心的な業者だけが残っているのが実態となっています。しかし、中には代表者や住所を定期的に移転するといった方法を用いる場合があり、現金化業者自体が地下に潜っているということも考えられます。

クレジットカード現金化の問題について

クレジットカード現金化の問題については、2011年に業者が摘発されたことから警視庁や弁護士会、そしてクレジットカード会社やクレジットカード協会が注意喚起を行っております。その中では違法性が指摘されるだけでなく、利用者自体が犯罪に巻き込まれるといった問題が指摘されています。また、現金化業者の中には代表者を定期的に変更するだけでなく、レンタルオフィスを利用し、実態把握が難しいといった側面があります。また、反社会的勢力の資金源となり得ることから非常に警戒するべきものとなっています。
ちなみに2016年度の傾向としては、2016年6月度において28件の被害相談がされており、前年度を超える可能性もあり得ます。
クレジットカードの現金化については、消費者のニーズには合致するものの、弱みに漬け込んだ商法でもあり、悪質性の高い業者も少なからず存在します。

業者について簡単にまとめると

近年は、経済情勢も回復傾向にあるものの、各家庭の家計への影響は未だに少ない状態です。大手企業が賃金アップを行っても中小企業が追従できず、実質的には経済情勢は未だに不安定です。その問題に目を付けたクレジットカードの現金化業者ですが、場合によっては大きな代償を支払う可能性があることを理解し、自己責任で利用することが必要となります。言った言わない、聞いた聞いてないといったことは水掛け論であり、実質的には利用した事実だけが重要視されることとなりますので注意が必要です。

地元で一番評判の良いクレジットカード現金化業者へのコメント

康孝さん
30代の男性です。こちらのクレジットカードの現金化の会社は、かなり有名で何年も前から営業しているので、申し込むならこの会社と決めていました。対応も予想通りにいい対応で、その日のうちに振り込んでもらえたので文句なしです。

茉実さん
25歳の女性です。お金に困っていて、クレジットカードの現金化なら簡単に振り込まれるというのを目にしたので、電話をして聞いてみました。すると、思った以上に何もしなくても簡単に現金が振り込まれることを教えてもらったので、すぐに手続きをしました。ここまで面倒なことをしなくてお金が振り込まれるなんて嘘みたいです。

ななさん
34歳の女性です。洋服が好きで毎月たくさん買ってしまいます。クレジットカードで支払いを行うこともあるので、支払いが大変なことがありました。私の管理が悪いのですが、思っていたよりも多くの支払いをしないといけなくなったので、それならクレジットカードの現金化を利用しようと思いました。とりあえずの支払いは乗り切れたので、また利用させてもらいます。

人気のクレジットカード現金化業者をランキングで比較!